ギャンブルに対する見解は人によって異なります。趣味と考える人もいれば、仕事、中毒性のあるもの、そして罪と考える人もいます。その人の考え次第で、それ自体がカテゴリーとなるほど多様です。富裕層のゲームとして、あるいは貧乏人がさらに貧乏になる呪いとしても知られています。ギャンブルをして一晩で裕福になることもありますが、用心しないと道端で眠るはめになることもあります。

安心して楽しくプレイできる老舗オンラインカジノのインターカジノで、人気の定番テーブルゲーム「InterCasinoルーレット」ラインナップでオンラインカジノプレイをしましょう!

ギャンブルはアート技法のようなものです。お金稼ぎのためだけにするものではありません。政治、社会、そしてビジネスにおけるネットワークを築くための有効なツールであり、社交界のトップクラスにいる人々に出会える場所でもあります。カジノでは、自分の知性や風格が表に出るものです。しかし、お金を稼ぐ方法ばかりが、本で書かれている今の世の中で、このアート的な感覚を学ぶにはどうすればよいでしょうか?残念ながら、この質問に対する直接の答えはありません。実のところ、ギャンブルのアートに関するガイドはないのです。ギャンブルのアートを理解するために必要なものは、1つが訓練だとすると、残りの5つは生まれ持った資質なのです。例えば、その中の1つは、勇気を奮い起こす力です。

平均的なギャンブラーは縁起を担ぐもので、そこまで頭脳を使っているわけではありません。彼らが使っている方法は、誰もが陥りやすい間違った論理や統計的なルールにまつわる3つの言葉で表すことができます。このような考え方への対策は、それらを認識しておくこと、そしてそのような考えに陥らないことしかありません。

  1. 次は私の番だ: この言葉は「ギャンブラーの誤信」と呼ばれています。これは、前の回は運の悪さが原因だったに違いない、次回は、勝てるハンドや大金が得られるような、あるべきゲーム展開になるだろうという信念に基づいています。この考えは全く馬鹿げた推論で、大きな欠陥があります。現実的な根拠がないにもかかわらず、良い結果が出ると確信している点です。この誤信はカジノマシンでジャックポットが前回出てからどれだけ経過しているかを表示することでさらに助長されています。

状況を認識することがまずは大切です。どのゲームにも流れを変えるため使えるような幾つものコントロール術があるものです。

  • 疲れたら止める:この言葉は「ギャンブラーの自惚れ」としても知られています。お酒を飲んでいる時に「もう一杯だけ」と心の中で語りかけてくる囁きと同じです。ここでの問題は、たとえ勝っていても、いつストップすべきかを予想する力は、未来や正しい道を予見する能力でもない限り、ほぼゼロに等しいということです。さらに、負けてはいるがまだ勝ちたいと思っている場合には、負けが続き、勝てる見込みが全くなくなる確率が高いのです。

この問題の解決策は、今すぐストップして、即座に退散することです。

  • カジノ側が必ず勝つ : この言葉は「ギャンブラーの破滅」としても有名です。あなたがハウスに勝つこともできるでしょうし、ハウスに勝った人がいることも事実です。しかし長時間プレイしていると、ハウスがジワジワと勝ちはじめるのです。それは、カジノ側には利用者にはない無限の現金と時間があるためです。

ハウスに対してプレイするのではなく、お金を稼ぐためにプレイしましょう。十分な賞金を獲得できれば、もっと稼ぎたい感情を抑えてストップし、その場から退出しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *